原付 保険

自動車保険ファミリーバイク特約のおすすめは?

原付の保険なら何をおいてもまずはファミリーバイク特約。

ファミリーバイク特約は単独のバイク保険に比べて格安でメリットの大きい自動車保険特約です。

《ファミリーバイク特約のメリット》
■別居の家族でも補償対象/原付が複数台でもОK
■借りた原付でもОK/年齢制限がない
■原付事故での補償が自動車保険の「等級」に影響しない

特約の追加をお考えなら、この際自動車保険を切り替えれば更にお得になります


原付に向くバイク保険は?

ファミリーバイク特約でなく、単独のバイク保険に加入する場合のおすすめを紹介。

経済的な原付には排気量区分などで原付が割安になるリスク細分型のバイク保険がおススメ。
現在、本格的なリスク細分型バイク保険を販売しているのはアクサダイレクトとチューリッヒです。


ファミリーバイク特約(原付特約)の注意点


メリットの大きいファミリーバイク特約(原付特約)ですが、
唯一の注意点は、通常タイプの場合搭乗者傷害の補償が無いことです。

搭乗者傷害の補償…自分や同乗者のケガなどの補償)

原付二種の2人乗りなどでは自分や同乗者のケガなどが心配になります。
その場合は人身傷害型のファミリーバイク特約を選ぶ方法があります。


人身傷害型(人身型、人傷型)は、運転者、同乗者のケガなども補償対象になります。

人身傷害型の取り扱いは各社で異なりますが、大体は次の2パターンです。

・本契約に人身傷害特約があれば自動的に心身障害型になるところ
・本契約に人身傷害特約がある場合心身障害型と通常型(自損型)を選べるところ


通販・リスク細分型のバイク保険


原付のバイク保険には、通販・リスク細分型以外におすすめはないといってもいいでしょう。

もともと通販型は保険料が安いのですが、これに原付向けのリスク区分が加わって、経済的な原付にふさわしい納得の保険料が実現します。

「大型バイクと同じ扱いはおかしい」という理不尽感から開放されるのは、リスク細分型の大きいメリットです。


チューリッヒのリスク細分は走行距離 5,000km未満の区分で
通勤・通学利用の原付の保険料が割安になります。

アクサダイレクトは、原付に走行距離区分は適用されませんが、
125cc以下の排気量区分が適用され保険料が割安になります。


例えば2種原付(51cc~125cc)で通勤・通学以外にも原付を利用する場合は、
アクサダイレクトにしておいた方が安心ということになります。

通販・リスク細分型はほかにも、使用目的、年齢、地域などのリスク区分があり、
原付に最適のバイク保険だといっていいでしょう。