原付 保険

原付の任意保険選びのポイント

原付の保険は条件によって選ぶポイントが異なります。

◎本人、家族が自動車保険に加入している場合
⇒ファミリーバイク特約(原付特約)が大変お得です。

ファミリーバイク特約は自動車保険に追加する原付の特約で、
対人・対物・自損事故傷害が本契約の自動車保険と同様に補償されます。

価格が安い上に大変メリットの大きい特約です。


◎本人、家族に自動車保険加入者がいない場合
⇒中間コスト省略で保険料の安い通販型バイク保険がおすすめです。

通販型の中でも原付の保険料が割安になるリスク細分型が特におすすめ。
リスク細分型では排気量区分や走行距離区分で大型バイクなどと保険料が区分されます。

通常タイプのバイク保険では大型バイクや4輪車と同じような保険料になり、
原付の保険加入が想定されていないのかも知れません。

第一種原付(50cc以下)には通常型(自損型)のファミリーバイク特約

50cc以下の原付一種にはファミリーバイク特約の通常型(自損型)。

原付一種(50cc以下)は法定速度が30kmで2人乗りも法令上できません。
同乗者のケガの心配がなく自損型のファミリーバイク特約で十分ではないでしょうか。

運転者自身のケガなどがどうしても心配であれば、
生命保険や掛け捨て傷害保険などでカバーする方法もあります。

本契約が人身傷害付きであれば人身傷害型しか選べない場合もありますが、
アクサダイレクトのように人身傷害型付きでも十分安いものを選べばよいでしょう。

中には三井ダイレクトのように、本契約が人身傷害付きでも自損型を選べる所もあります。

第二種原付(51cc超~125cc)なら人身障害型を検討

50-125cc原付二種には必要に応じて人身傷害型を。

原付二種(50-125cc)は法定速度が60kmで2人乗りもできます。
運転者自身、同乗者のケガなどが心配であれば
人身傷害型のファミリーバイク特約を選べばよいでしょう。

同乗者とともに運転者自身のケガなども補償されることになります。
タンデム利用などの場合はその方が安心だと思います。


補償が厚くなる分、保険料も高くなりますが、
この際、本体とトータルで格安になる通販型に切り替えてはいかがでしょうか。
原付の特約を追加してもおつりが来るかもしれません。

人身障害型のファミリーバイク特約とは

51cc~125ccの原付バイクは、法定速度60kmで2人乗りが可能です。
50cc以下の原付と同じような使用目的であれば、特約も「自損型」でいいのかもしれません。

2人乗りをしツーリングも行うなどの使用形態の場合は
人身傷害型の特約を選んだ方がいいのかもしれません。

保険料は高くなりますが運転者・同乗者のケガ等が本契約と同様に補償されることになります。

人身傷害型は主契約に人身傷害保険がついている場合に選ぶことができます。
(※本契約と連動で人身傷害型になる所、選択で人身傷害型にできる所など各社で取扱いが違います。)


「人身傷害型の保険料が気になる」、「主契約に人身傷害が付いてない」
そんな場合は、主契約の自動車保険を今より安いものに切り替えてはどうでしょうか。
代理店型から通販型への切り替えなら人身傷害型を付けてもおつりがくるかもしれません。