自動車保険 ロードサービス

ロードサービスも重視したいならこれがおすすめ

チューリッヒの「原付特約」(ファミリーバイク特約)自体は標準的なタイプです。
本体自動車保険はリーズナブルな保険料、ハイレベルのロードサービスが特徴になっています。

チューリッヒはロードサービスで明らかに各社をリード。

「業界最高レベル」と言っていますが調べてみると実際「業界最高」です。

中でも、レッカーサービスは100Kmまで無料と破格のサービスです。


日本で初めて事故時のホテル代・タクシー代の補償などを実現した企業理念がロードサービスに生かされています。

24時間365日事故受付・専任担当者制・示談代行サービス・被害事故相談サービスなどの事故対応サービスで万が一の時にも安心です。


これが業界最高レベルのサービス・ラインナップ

論より証拠、
まずはチューリッヒのロードサービスのラインナップをご覧ください。

サービス拠点は全国約8,000カ所、対応は24時間365日。
携帯電話GPS機能を利用して正確・迅速に現場へ急行。

ロードサービスだけでもチューリッヒにした満足が得られるでしょう。
まるで車両保険の一部が無料で付いているように感じるかもしれません。

     ◆ロードサービスラインナップ◆

       レッカーサービス        …レッカー距離、100kmまで無料
       レンタカーサポート       …レンタカー、24時間無料
       帰宅費用サポート        …搭乗者全員分の帰宅費用サポート
       ホテル代サポート        …搭乗者全員分の宿泊費用サポート!
       ペットケアサービス       …ペットホテル費用もサポート!
       キャンセル費用サポート     …キャンセル費用を50,000円まで補償!
       ピックアップサポート      …修理後搬送費用を全額サポート!
       カートラブルクイックサポート  …応急処置は、時間の制限なく無料!


任意保険の加入が少ない原付バイク

原付の任意保険に加入する人がこれまで少なかったのはなぜでしょうか。
1つ目としては、リスク細分でない従来型では保険料が割高なためでしょう。
十分な補償を組むと年間4万円を超えてしまうため、保険に加入せずに乗ってしまうのではないかと思われます。

二つ目としては、普通免許さえあれば原付に乗れてしまうため、自転車感覚で乗ってしまう人が多いことかもしれません。

さらに、これは自賠責にもいえることですが車検という大きい区切りがないことです。
自賠責、任意保険とも年単位で更新しなければなりませんが、車検というインパクトのある区切りがないため、つい更新を忘れてしまうことが多いのでしょう。

これまであまり省みられなかった面のある原付保険ですが、補償のないままに一度事故になれば四輪自動車の場合以上に悲惨なことになる心配もあると言えます。
まずはこのようなリスクを理解し、問題意識や関心を持つことが大切なのでしょう。

関心を持ちさえすれば、手立ては見つかると思います。
家族の誰かが普通自動車の任意保険に加入しているなら、「ファミリーバイク特約」をつけて家族全員に原付の補償を適用させことが最もリーズナブルな方法だということも分ることでしょう。